測定値通信システム GENTI 4G

作業現場のガスをリアルタイムに測定し、労働災害事故発生を防止

  • ・インターネット回線を使い、常に作業現場のガスを管理本部で把握
  • ・複数の拠点管理
  • ・バッテリー搭載で電源が無くても使用可能
  • ・検知対象ガスは4種類
  • ・数値異常時はアラーム通知
  • ・CSVファイルで測定履歴を保存
カタログダウンロード
お問い合わせ

現場任せの安全管理から一元化された安全管理へ

現場の安全管理を第一に開発された「GENTI 4G」。
ネットワーク回線を使い、作業現場のガスを常に特定し、リアル
タイムに情報を遠く離れた管理本部に送ります。
これにより、管理本部で現場状況を把握することができ、適切な指示ができるようになります。
現場任せの安全管理に潜む危険性を回避し、安全対策を徹底することができます。
大きな労働災害事故が発生する危険
大きな労働災害事故が発生する危険

危険な現場だからこそ徹底した安全管理をし、安心して作業をする必要があります。

万が一が起こってしまってからでは遅い…。現場任せの安全管理を終わらせましょう!
「GENTI 4G」は、現場と管理本部の双方から管理できるので安全管理の向上に繋がり、安全対策を徹底することができます。

GENTI 4Gの特徴

インターネット回線を使い、リアルタイムでデータを管理

あらゆる現場のガス測定状況をネットワークを使用し、すべて本部で管理。
本部にいても、現場の状況が判る事から現場の安全管理について安心できます。

インターネット回線を使い、リアルタイムでデータを管理

複数拠点の管理

複数の拠点にユニットを設置しての管理が可能。
拠点の切替も簡単に行うことができ、広範囲での管理を実現できます。

複数拠点の管理

バッテリー搭載で電源が無くても使用可能

計測ユニットにはバッテリ及び急速充電器が内蔵されているので、AC電源のない場所でも運用可能です。

検知対象ガスは4種類

検知対象ガスは、硫化水素・一酸化炭素・メタン・酸素の4種類。
様々な現場でご活用いただけます。
計測データは指定したFTPサーバにも転送可能でパソコンが壊れてもデータが生き残る設計になっています。
※それ以外にも、二酸化炭素・アンモニア・水素・一酸化窒素・塩素・ホルムアルデヒド・アセチレン・LPG・二酸化窒素も検知可能。標準検知ガスから変更できます。

検知対象ガスは4種類

数値異常時はアラーム通知

「注意」「警告」2段階のアラームで測定数値の異常を知らせます。また、複数拠点への一括したアラーム設定の変更も行えます。

CSVファイルで測定履歴を保存

ガスの測定値は、随時CSV形式で保存されていきます。
測定履歴は簡単に確認することができ、報告書などの作成にも役立ちます。

CSVファイルで測定履歴を保存

導入によるメリット

現場の測定状況を本社のPCからリアルタイムで確認できるので作業者に
電話確認をする必要もなく現場⇔本部の連絡にかかる時間を大幅に短縮できます。
事前に把握できるので指示も出せます。

責任ある管理を実現
  • 測定記録を現場と共に確認して作業指示(許可)を出すこと。
  • 環境変化を常に把握し監視すること。
  • 異常を現場へ知らせること。
  • 誰がどこで危険作業をしているかを常に把握しておくこと。
  • 独自の基準を設け、安全作業を最優先させること。
現場の測定状況を本社のPCからリアルタイムで確認できるので現場と本部の連絡にかかる時間を大幅に短縮できます。

利用シーン

タンク内作業

密閉された場所での作業は酸欠の恐れがあり、大変危険な現場です。

下水管内

酸欠や有毒ガスが発生する可能性もある大変危険な現場です。下水管内の死亡事故は、過去に全国で何件も起こっています。

排水処理場

密閉された部屋や、地下に汚水が貯留されている部屋での作業は、酸欠や有毒ガス発生の危険があります。

地下ピット

空気の流れがない場所では酸欠に加え、汚水からガスが発生する可能性もあり、大変危険な現場です。

事前に測定し、労働災害事故の防止を行う必要があります。

どの施設においても酸欠や有毒ガスが発生する可能性がある大変危険な現場です。
事前に測定し、労働災害事故の防止を行う必要があります。

GENTI 4G 仕様

GENTI 4G仕様
参考標準価格:¥1,190,000 (測定器一式・PC・ソフトウェア・スピーカー・専用ケース)

※2台以上の場合は別途問合せフォームからご依頼ください。