三段階の異なる目合いを設置で、小型生物の流出を防ぎます!

  • ・簡易設置で、場所をとらない。
  • ・5mm~1cm程度の魚まで除去可能。

 

外来種とは?

本来の分布しない地域へ人の手により持ち込まれ、生態系、人の生命・身体、農林水産業へ
被害を及ぼすもの、又は及ぼすおそれがある生物を指します。
※生きているものに限られ、卵や種子等も含まれます。
国内間の移動であっても、本来の分布域外へ持ち込まれた生物は外来種とされる

 身近に潜む外来種 

外来種による日本の自然への影響

*生態系の破壊
 外来種が日本に定着する事で日本に元々生息していた生物(在来種)の生息域が奪われたり、
 外来種により食べられてしまったり、日本本来の生物の生活が脅かされ、
 生態系が破壊されてしまう危険性があります。


平成17年6月特定外来生物法施行(環境法)
正式名『特定外来生物による生態系などに関わる被害の防止に関する法律』

目的
生態系、人の生命・身体、農林水産業への被害防止
生物の多様性の保護/人の生命・身体の保護/農林水産業の健全な発展/国民生活の安定向上

特定外来生物法による規制

※研究の為など特別な許可を受けている場合を除きます。
 また、許可を得ている場合であっても拡散防止などの対応策が必要です。

特定外来生物は野外に放たれ、定着してしまった場合に生態系、農林水産業、観光、
人体へ深刻な被害を及ぼす危険性があるため、違反内容に応じて、罰則が定められています。

外来種流出防止対策



池干しは、ため池などの外来種駆除に一定の効果を見せています。
しかし、安易に池の水を排出し、流すことはとても危険です。排出している水に外来種が取り残されている可能性があるからです。



三段階の異なる目合いを設置することで、
目詰まりせずに小型の生物の流出を防ぎます。